産後の肉割れを消す方法

できてしまった妊娠線や肉割れ、産後に消したい!

妊娠しておなかが大きくなり、妊娠線や肉割れができてしまったらショックですよね。産後、なるべく消したいと思うのが普通だと思います。

 

そこで、産後の肉割れを消す方法について紹介します。また、産後は意外と妊娠線や肉割れができてしまうのです。その仕組みについても紹介します。

 

→産後の肉割れを消す!おすすめクリームランキングはこちら

産後の妊娠線や肉割れは消えないの?気になることまとめ

まずは、産後に見つけた肉割れや妊娠線について、気になることをまとめて紹介します。

 

肉割れとは?肉割れができる仕組み

肉割れとは、妊娠線、ストレッチマークとも言われています。妊娠や肥満によって、急に体が大きくなると、皮膚が引っ張られ、皮膚細胞が壊れてしまいます。肌は、表面から表皮→真皮→皮下組織という3層になっています。しかし、妊娠などで皮膚が引っ張られると、表皮や真皮に傷が入ってしまいます。

 

肌の断面
この跡となって残ってしまうものが、肉割れや妊娠線と言われるもので、真皮は1度壊れると元に戻ることはありません。1度できてしまった肉割れは、薄く目立たなくすることはできるのですが、完璧になくすことはできないのです。ですから、肉割れができないように予防することが大切です。妊婦さんの8割はこの肉割れを経験し、悩んでいると言われています。

 

妊娠線の種類

妊娠線には以下の2種類があります。詳しい違いを紹介します。

 

新妊娠線
真皮が裂けたばかりで、赤紫色の内出血を起こしている状態の線です。

 

旧妊娠線
裂けた真皮が修復をし始め、赤紫色だった線が、白っぽい色に変化している状態の線です。

 

妊娠線ができたら、新妊娠線のうちにケアをして、薄く目立たなくなるようにしましょう。赤紫色で目立つのが新妊娠線の特徴です。

 

肉割れができる場所

妊娠で肉割れができてしまう場所はさまざまあります。注意が必要なパーツを5つ紹介します。

 

お腹

もっとも肉割れ、妊娠線ができやすい部分です。特に、おへそより下の下腹部は妊娠でおなかが大きくなると見えにくくなってしまいます。妊娠5ヶ月頃からは注意が必要です。

 

妊娠すると、胸が大きくなります。女性にとっては嬉しいことかもしれませんが、妊娠初期から臨月まで2カップ以上大きくなるそうです。特に、胸の下や外側が大きくなるので、そこに肉割れができないように気を付けましょう。

 

おしり

妊娠後期はお腹が大きくなるとともに、赤ちゃんを支えるために、腰やおしりも大きくなります。自分では見えにくいところなので、お風呂上りに鏡に映したりして、肉割れができていないかチェックしましょう。

 

太もも

お腹が大きくなるにつれ、おしりだけでなく、太ももも大きくなっていきます。特に太ももの内側は、皮膚が薄く、肉割れが起こりやすい場所です。外側も内側もしっかりとケアしましょう。

 

二の腕

二の腕は意識して鍛えないと太りやすい部分になります。そのため、妊娠とともに太ると、肉割れができやすくなってしまうのです。

 

肉割れができる原因

肉割れは、妊娠によっておなかが膨らむことによってできてしまいます。しかし、肉割れができる原因はそれだけではないのです。そのほかの原因を紹介します。

 

急激な体重増加

1つめは急激な体重増加です。妊娠すると、体内への栄養の吸収がよくなり、太りやすくなります。妊娠前と同じ食事をしていると、すぐに太ってしまいます。出産前の状態で、赤ちゃんは約3キロ、羊水と胎盤で約1キロです。そのほかに、おしりや胸が大きくなりますが、妊娠前と後で10キロも増えてしまっては、肉割れができてしまうかもしれません。ウォーキングなど、適度な運動と食事をし、太りすぎないように気を付けましょう。妊婦さんでなくても、急激な体重増加や無理なダイエットで皮膚が伸び縮みすることも肉割れの原因となります。

 

お肌の乾燥

おなかの成長に合わせて、皮膚が伸びるように保湿をしっかりしておきましょう。肌が乾燥していると、表面が固くなり、伸びなくなってしまいます。すると、お腹の成長に皮膚がついていけず、亀裂ができてしまうのです。また、乾燥してお肌がかゆくなってくるのは、妊娠線ができる兆候です。予防策としての保湿はとても重要です。

 

むくみや便秘

妊娠すると、ホルモンバランスの関係で、腸の働きが鈍くなり、便秘になりやすくなると言われています。便秘によるお腹のハリも、肉割れができる原因です。また、むくみは体内のめぐり(代謝)が悪いという証拠です。体がむくんでいると肌に必要な栄養も送られていないことになり、肉割れにつながってしまいます。

 

産後の肉割れや妊娠線、実は出産前からできていた可能性がある

産後に発覚した肉割れ、妊娠線は、実は出産前からできていた可能性があります。おなかが大きくなると、おなかに隠れて、下腹部は見えにくくなります。また、お尻の下の方や太ももも自分では確認しにくくなり、出産前から肉割れができていたのかもしれません。

 

赤紫の妊娠線

 

肉割れが赤紫色をしていたら、できたばかりの肉割れですが、発見した肉割れがすでに白っぽくなっていたら、できてから時間が経っています。どちらにしても、できてしまった肉割れは早く対処するのがおすすめです。

 

産後に肉割れは消えないの??

妊娠中に気になるものとして、妊娠線や肉割れの他に、正中線や産毛、黒ずみなどがありますよね。正中線や産毛が濃くなること、黒ずみができることは妊娠中のホルモンバランスの変化なので、出産後に元に戻ると言われています。

 

しかし、先にも述べたように、1度できた肉割れは完璧になくすことはできないのです。産後のケアによって、薄く、目立たなくさせることは可能です。放置していても自然に薄くなっていくことがあります。

 

産後に肉割れができる理由

肉割れは、出産前のおなかが大きい時にだけできるものではありません。産後も肉割れができることがあるので、おなかが小さくなっても油断してはならないのです。

 

おなかが大きい時に、しっかりケアをしていて、妊娠線ができなくても、産後急激におなかが小さくなると、皮膚に刺激がいき、肉割れができてしまうことがあります。また、産後も引き続きホルモンバランスが崩れ、乾燥によって肉割れができてしまうのです。産後も引き続きケアをすることがおすすめです。

 

産後の肉割れを消すには??

産後に、できてしまった肉割れを完全に消すことはできず、治療法は特にありません。しかし、ケアすることで薄く目立たなくすることはできます。肉割れケアには、美容皮膚科でのレーザーやダーマローラーなどがありますが、費用が高く、肌への負担も大きいです。

 

美容皮膚科でのレーザーとは…
美容皮膚科ではレーザーを当てて、熱の刺激を真皮に加えます。その結果、肌が自分の力で再生するように促します。真皮層にあるコラーゲンの生成が活性化し、肌のターンオーバーが促進されます。すると、古い皮膚がはがれて、新しい皮膚ができます。これにより、妊娠線が薄くなったり、目立たなくなったりするのです。レーザーで行う治療は、医療行為であるので、病院(クリニック)でしか行うことができません。費用も数万円〜数十万円と高額になります。医療機関で行うという安心感はありますが、費用が高くなってしまうのがデメリットです。

 

ダーマローラーとは…
ダーマローラーとは、数百本の針がついているローラー治療器です。皮膚表面でこのダーマローラーを転がすと、真皮に小さな穴が開きます。この時に、専用の薬剤を塗布し、開いた穴から肌の奥へ浸透させます。すると、皮膚細胞が蘇生し、コラーゲンの分泌量が増えます。また、できた穴を修復するために、肌内部のコラーゲン生成量も増えます。これを繰り返し行うと、だんだん妊娠線が目立たなくなってきます。ダーマローラーの施術も、医療機関で受けることができます。

 

レーザーやダーマローラーでの妊娠線の治療は、デメリットもあります。それは、施術箇所のかゆみや赤み、一時的な色素沈着などの症状が出て、肌トラブルになる可能性があるということです。

 

レーザーやダーマローラーは、肌への負担やリスクがあるので、クリームによる保湿を紹介します。クリームを塗るという方法はとても簡単ですし、肌へのダメージが少なく、痛みもありません。

 

妊娠線クリームを塗る

 

妊娠線クリームと言われるクリームを塗ると、肌が潤い、肉割れのできた真皮よりも表面にある、表皮の傷を修復することができます。すると、真皮にある傷を見えにくくさせ、肉割れを薄くすることができるのです。

 

表皮の修復

 

妊娠線クリームは、自宅で手軽に使うことができますし、皮膚治療に比べて安価で、やけどなどのリスクもありません。無理なく続けることができるでしょう。妊娠線クリームを使うときは、肌細胞をイキイキさせ、ターンオーバーを促進させる成分を含んでいるものを選びましょう。徐々に薄くなることを期待できます。肌を柔らかくするため、クリームを塗りながらマッサージをするのも効果的です。

 

管理人の肉割れケア方法

管理人は、2018年6月現在、妊娠8ヶ月の妊婦です。ただ今、妊娠線、肉割れ対策を頑張っているところです。また、産後という状態ではないですし、肉割れもできていません。この調子で肉割れができないようにしたいです。

 

管理人のケア方法は、お風呂上がりに、おなかにクリームをたっぷり塗って、円を描くようにマッサージします。この時、強くこすりすぎると、摩擦で逆に肌が乾燥してしまうので、ゆっくり優しく塗りこみます。わたしの場合、クリームはひんやりと感じたので、お風呂上がりの体が温まっている状態がぴったりでした。そして、夜と朝の2回クリームを塗ります。たまに、好みに合わせてオイルも使用しました。

 

お腹だけでなく、胸、おしり、二の腕、太ももにもたくさんクリームを塗っています。クリームの消費量はとても多くなりましたが、肉割れケアのクリームにはたくさん商品があって、いろいろなクリームやオイルを使うのは、妊娠中の楽しみになりました。香り付きのものでマッサージするのは、癒しになりました。

 

+++管理人のケア追記+++
2018年7月現在、9ヶ月半になりました。今のところ、まだ妊娠線はできていません。この1ヶ月で急激におなかが大きくなりましたが、朝晩にクリームやオイルを塗りこんでいるおかげで、妊娠線も正中線もなく、きれいな状態でマタニティフォトを撮れました。とてもよかったです。ただ、皮膚が伸びにくくなっているのか、おなかの表面がはっていて、パンパンです。

産後の肉割れを消す!おすすめの妊娠線クリームランキング3

ノコア

 

・ノコア2本セット 150g(約1〜1.5ヶ月分)×2本 13,960円(税込)12,960円(税込)
・ノコア浸透ケアセット ノコアクリーム&オイルのセット 11,870円(税込)10,870円(税込)

 

ノコアは妊娠によって肉割れができてしまった人のアフターケア専用のクリームです。ノコアには、肌の表皮の再生を促すEGFと、肌の真皮の再生を促すFGFを配合しているので、できてしまった肉割れの修復にぴったりです。また、従来の200倍の浸透力を持ったビタミンC誘導体も配合しており、コラーゲンの生成を促し、お肌を保湿し、傷跡をケアします。

 

できてしまった妊娠線、肉割れは、すぐに消えるものではなく、時間をかけてのケアが必要となります。お得な定期便は、クリーム2本セットや、オイルとクリームのセットもあります。クリームのテクスチャーに飽きてしまった人は、クリームとオイルの併用もいいかもしれません。

 

ノコアは定期便なのに1回からの注文がOK、送料無料、10日間の返金保証付きなので、お試ししやすいのもおすすめポイントです。

 

ノコアの公式サイトはこちら>>>

 

素顔のママで

 

・定期便初回特別価格 5,800(税抜)1,980円(税抜)
・2回目以降 30%オフの3,980円(税抜)

 

素顔のママでは、できてしまった肉割れをケアするだけでなく、出産後のおなかのなるみや黒ずみもケアできるクリームです。コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸の3大保湿成分により潤いとハリをキープします。メラニンの生成を抑えて黒ずみをケアするアーティチョークエキス、抗シワ作用で、産後の体のたるみをケアするスターフルーツ葉エキスを配合しています。産後のあらゆるお肌の悩みをサポートする成分がたっぷりです。

 

お得な定期便は、初回5,800円(税込)→1,980円(税込)で、送料も無料。2回目以降も約30%オフの3,980円(税抜)で購入することができます。定期便は、最低4回の購入が必要ですが、産後の肉割れケア・お肌のケアは数ヶ月は継続したほうがいいので、4回はちょうどいいぐらいかもしれません。

 

肉割れ、黒ずみ、たるみ、産後の体の悩みが尽きない方には素顔のママでがおすすめです。

 

素顔のママでの公式サイトはこちら>>>

 

プレマーム

 

・定期便初回特別価格 6,800円(税抜)1,800円(税抜)
・2回目以降 20%オフの5,440円(税抜)

 

プレマームは、おなか、お尻、足、腕などにできてしまった肉割れ、妊娠線をケアするクリームで、ボコボコ肌、割れ感をつるつるのお肌にしてくれます。ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、スクワランという4つの保湿成分を配合しており、しっとりと潤いのある肌にします。また、たるみを改善し、肌にハリやツヤを与えるコエンザイムQ10、EGF、FGFも配合しています。肌の細胞分裂を促進させる葉酸や、くすみをケアするプラセンタ、ビタミンC誘導体も入っているので、産後のあらゆるお肌の悩みをケアします

 

定期便は、6,800円(税抜)が初回限定で約73%オフの1,800円(税抜)で、2回目以降も20%オフの5,440円(税抜)で購入することができます。奇数回にはフルーツの雫ピール石鹸がプレゼントでついてきて、初回は180日間の返金保証があります。じっくり使って、お肌に合っているか確かめることができますね。

 

肉割れ、お肌のボコボコ、たるみ、黒ずみなど、産後の悩みが様々ある方におすすめです。

 

プレマームの公式サイトはこちら>>>

肉割れはクリームによるケアで薄くすることができる!

このように、できてしまった妊娠線、肉割れはクリームでケアすることにより、以前より消すことができます。

 

しかし、産後も引き続き肉割れができやすい時期なので、注意しましょう。

 

当サイトおすすめNo.1 ノコアの公式サイトはこちら>>>